○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    11 | 2004/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    2005年VTEC-FREAK練習会・競技会のお知らせ

    VTECFREAK

    そろそろ、来シーズンの予定が発表されてきていますが、おすすめの練習会、競技会のお知らせです。

    2005 年 「ドライバーを一皮剥くぞ」練習会&“Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005
    詳細:http://vtec-freak.net/link07-1.html

    昨年から始まったこの練習会、「運転技術の上達」により「車を振り回し運転を楽もう」というコンセプトで、非常に好評たっだのですが、来年も引き続き開催されるようです。場所は大阪の舞洲と奈良の名阪スポーツランドです。

    私もお手伝いにおじゃまさせて頂く予定ですが、なんと、Team 5ZIGEN Rally Mission エースドライバーの西尾雄次郎 選手 や全日本ジムカーナ最終戦ウィナーの永島 裕士 選手も来ていただけるようです。主催兼全日本ジムカーナドライバーの関さんからのアドバイスや同乗なども可能だと思いますので、非常に有意義な練習会になりそうです。

    また、先月に私も参加して非常に楽しませていただきました「Axis カップ」がシリーズ化され、「Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005」として、年4戦開催されます(兼練習会)。前回と同様、改造度合いによるハンデ制によるクラス分けにより、車の性能差をなるべく少なくし、ジムカーナ専用車両でなくても上位入賞が可能なレギュレーションとなっています。

    詳細・申込は上のリンク先をご覧下さい。

    今日のブログ順位は?
    【2004/12/23 11:48】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    G6フェスティバル

    やっとパソコンが修理から帰ってきました。

    G6フェスティバルの時の動画をアップしてもらいましたので、
    ちょっと解説します。
    あまり納得がいく走りではないのですが、反省も兼ねて。

    20050205095017.jpg

    ↓動画です。
    http://www.kk-planning.com/marukami/MOV000022.mpg

    スタート
    スタート場所は、かなり路面が悪いので、ちょっと低めの回転数でスタートします。
    ①コーナーに向かって全開です。

    ①コーナー(島まわり)
    このコーナーは、ここのコースを走り慣れている人と初めての人ではかなり差がつきます。
    進入ラインも見えにくいですし、出口も見えにくいです。
    ただこのコーナーは以外と高い進入スピードでも大丈夫です。
    私の場合は3速全開からアクセルOFFのみかタイミングを取るためのちょんブレーキで3速のまま進入します。挙動を乱さないようにステアリング操作はかなり丁寧に。
    進入でちょっとだけリヤが出るぐらい、アクセルをちょっと入れてリヤの流れを止める感じです。
    出口は少しまだ濡れているところがあるので、慎重に。車を押し出すようにアクセルを入れていきます。

    ②コーナー(パイロンまわり)
    このコーナーは2速でいくか、1速を使うか、またはサイドを使って小さく回るか悩みましたが、結局Rを大きくとって2速で回りました。
    が・・コーナーリング中盤でリヤが流れて多少ロスしています。
    ③コーナーに向けて加速。2速全開から3速へシフトアップするところで、なぜか3速へ入りません。3速へ入れたつもり(笑)で、そのまま③コーナーへ。

    ③コーナー(180度ターン)
    ここは1速コーナーですが、サイドを使うかどうか迷いましたが、結局グリップでパイロンから離れないように走りました。立ち上がりでリヤが滑らないように慎重に。

    ④コーナー(V字ターン)
    ここは大きくRをとって走る人が多かったのですが、私はV字ターンと考えて走りました。⑤コーナーまでの距離重視です。私の車ではたぶんこちらの方が速いと思います。2速全開からパイロンに向かってブレーキングしながら斜めに入り、
    頂点付近で鋭角気味に向きを変え、V字に立ち上がります。立ち上がりでちょっとカウンターがあたってますが、ほとんどロスにはなっていないと思います。

    ⑤コーナー(120度ターン)
    3速から2速にシフトダウン&ブレーキングで進入。進入スピードがあるので、ブレーキングドリフトで60度ぐらい向きを変え残りの60度をグリップで回る感じで進入。ちょっとパイロンから離れてしまいましたので後半で帳尻合わせ。

    ⑥コーナー(2本パイロン)
    ここは2つのパイロンを1速+サイドで走るか、2つのパイロンを直径とした2速の定常円で走るか迷いましたが、パイロン間隔が広く、1速から2速へのシフトアップが途中で必要になりそうだったので、2速で定常円ぎみに走ることに。
    しかし、ここはサイドをよく使う場所のため、ラバーグリップで非常にグリップするところとグリップしないところの差が大きく、挙動が乱れてしまいました。なるべくロスしないように
    あまりカウンターを当てないように注意しながら、そのままゴールまでもっていきました。
    ただ、このような路面では、1速+サイドで直線的に立ち上がりで縦方向のみにグリップ力を使った方がたぶんタイム的にはよかったと思います。

    ということで、結局サイドブレーキは使わず、2速主体で走りました。もう少しタイムアップできそうですね。

    今日のブログ順位は?
    【2004/12/14 21:14】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(6) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS