○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    02 | 2005/03 | 04
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    おむすびグランプリ(開幕戦)

    3月26日(土)名阪スポーツランドEコースで行われた「おむすびくらぶ」主催おむすびグランプリ開幕戦へ行ってきました。
    20050328213236.jpg

    なぜかコース上?

    おむすびGPは、午前と午後に違うコースを走り、合計タイムで競います。各コースで練習6本、本番2本走ることができ、合計で16本。練習会兼競技会という感じです。

    午前のコースのタイムは、おっくん(ランエボ)57.4、門田選手(FD3S)59.1、おむすび先生(FD3S)59.2、私59.6というタイム。
    本格的4WDジムカーナ車両に厳しいおむすびGPの特別ルールのハンデ(SA車3秒、N車2秒の加算)を加えても、おっくんに負けて、4位の結果。
    20050205091442.jpg

    午前のコース

    ここで、ちょっと焦り、少しでも軽量化しようと助手席外し(笑)+本気モードへ。

    午後のコースでは、なんとか挽回し、おっくん53.4、私53.9、おむすび先生54.4、門田選手54.8という結果。

    ということで、合計タイムでは、おむすび先生を100分の5秒差で逆転し、クラス優勝、一応オーバーオールということに。3位も僅差の0.3秒差で門田選手でした。
    なかなか僅差でのバトルで盛り上がりました。
    05_omusubiGP_A1.jpg

    午後のコース

    一応、オーバーオールとなっていますが、4WDハンデをなくすと、今回シビックからランエボに乗り替えたおっくんが、ぶっちぎりのタイムとなっています。トータル4秒の加算でも4位に入ってくるものすばらしいですが。

    他のロードスター勢も活躍し、全5クラス(レディースも)中4クラスでロードスターが優勝しています。2000cc以下Sタイヤクラスで優勝中嶋君、2位ありさん。2000cc以下ラジアルクラスで中村(兄)おむすび初優勝。レディースクラス中村(妹)初優勝。という結果です。

    タイム表

    今回、早急に対策をしないといけない大きな課題が見つかりました、Sタイヤに替えてから少し気になっていたのですが、3速へのシフトアップ時、かなり丁寧に操作しないと入らない症状がでています。全開まで回転数を上げてからの普通のシフトアップではまず入りません。原因としては、オイルは変えたばかりなので、Sタイヤのため駆動に負荷がかかり、ミッションが振れている可能性があります。対策として、エンジントルクダンパーを使ってみようと思っています。シフトのカラーも変えてみるつもり。うまく直ってくれるとよいのですが。

    次回のおむすびGPは6月11日(土)の予定。よかったら参加して下さい。

    今日のブログ順位は?
    【2005/03/30 00:24】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    VTEC-FREAK「ドライバーを一皮剥くぞ」練習会#3

    3月21日(祝)に名阪スポーツランドDコースで行われたVTEC-FREAK練習会へ行ってきました。
    VTEC2.jpg

    名阪Dコースでの練習会は、駐車スペースの問題もあり、参加者を約20名に絞っています。そのため、かなり本数も走ることができ、密度の濃い練習会となりました。
    前回の舞洲スポーツランドでの練習会は、なかなか練習の機会が少ない高速コーナーなどの練習もできて非常に有意義なものですが、名阪Dコースでの開催も参加者が少ないことが幸いして非常に内容の濃いものとなっています。
    VTEC1.jpg

    いつものように、主催の関さんをはじめ、アドバイザーとしてインプレッサの西尾選手、CRXの永島選手(前回のモテギで開催された全日本ジムカーナでSA1クラス5位入賞!さすがです。)そして、S2000の伊藤選手にも来ていただき、参加者への同乗やアドバイザー車への同乗走行などがありました。

    非常によく練られたコース設定で、コーナーリングしながらのブレーキングとパイロンのライン取りについて、非常に頭を悩ますコースでした。パイロンコースの場合かなり自由なライン取りが可能ですが、最速のラインは、車の特性・セッティング、ギヤ比、タイヤなどにより変わってくるので、さらに悩みます。

    午後からは、光電管を使いタイム測定も行いました。
    そこで、この練習会の常連さんである中村3兄弟(妹)の弟S2000になんとアドバイザーのタイムが抜かれ、一時トップタイムが出ました。この3兄弟(妹)共、最近メキメキ上達しています。
    また、この練習会の常連さんはみなさんものすごく上達が早いです。練習会としての効率は非常にいいのかもしれません。

    ゆーちー君の手作り不気味プリンもおいしかったですよ。

    次回は5/8名阪Dコースです。みなさんも如何ですか。定員数が少ないので参加される方はお早めに。

    今日のブログ順位は?
    【2005/03/24 23:02】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    2005年G6ジムカーナ第1戦

    3月20日(日)、岡崎のキョウセイで行われたG6ジムカーナ中部・関西シリーズ2005第1戦ルーズドッグ・ラウンドに参加してきました。
    CAR-R.jpg

    CAR-F.jpg


    今回はいつものFR1(ラジアルFR2000cc以下)クラスではなく、初めてSFR(SタイヤFR)クラスで参加。事前の参加者名簿を見るとSFRクラスなんと3名。しかし、某親方やG6上位入賞者のお名前が・・。

    ということで、今回のコース。
    2005G6LoseDogs.Course.jpg


    1コーナーまでに3速に入り、そのまま車速重視でRを大きくとって、3速のまま手前の180度ターンまで走りました。1コーナーは2速におとすかどうか迷ったのですが、最近、迷った時には上のギヤで走ることにしています。

    結果は、クラス優勝、総合でも2位となかなかよいタイムが出ました。

    ロードスターはやはりコーナーリングスピードが高いようです。そういえば、昔マツダの設計の方に聞いた事ですが、コーナーリングスピードは速い順にAZー1>RX7>ロードスターと教えてもらったことがあります。マツダのスポーツカーはパッケージングがいいのですね、軽さと足回りがよいのでしょうか。

    これでG6シリーズ7連勝となりました。しかし、今年は新たにS2000に乗り換え、FR1クラスで優勝した某全日本ドライバー(前回の全日本ジムカーナのDクラスでなんと2位!)や親方のリベンジなどもありそうで、かなり厳しそうな感じです。まあ、勝っても負けても楽しくなりそうですが。

    ちなみにFR1クラスに参加したロードスターは6台。接戦でしたが、今回は堀君がクラス3位でFR1ロードスター最速でした。

    次回までSタイヤの山が残っておれば、またSFRクラスに出る予定です。

    G6ジムカーナ第1戦の結果
    今日のブログ順位は?
    【2005/03/22 23:03】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(27) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ

    ワイドトレッド化

    20050312205840.jpg

    20050312205850.jpg

    VIPカー並のツライチです。(笑)
    近頃、土日はインテグラル神戸に通い、フェンダーのつめ折り作業をしています。主につめ折機を使い、あとは金槌とタイヤレバーなどを仕上げに使っています。この作業、結構、体力使います。慎重に(ゆっくり?)作業してますので、ここまでするのに約1ヶ月、作業時間は、まる3日ほどかかりました。まだ作業途中ですが、かなりトレッド拡大しています。
    現状で8J+23です。7Jとすると+10程度です。純正のホイールでのトレッドと比較すると、片側で53ミリ拡大ししていることになります。
    一応、反対側をジャッキアップして沈み込んだ時にもフェンダーに当たらないことも確認しています。
    20050312205817.jpg

    クリアランス2~3ミリですが。普通に走る分には問題ないようです。
    ただ、少し心配なので、もう少しつめ折(ワイドフェンダー化?)しておこうと思っています。目標はトレッドもあと5ミリを広げたいと思っていますが、たぶん塗装が割れるでしょうね。塗装が割れたら、フロントと同じように、フェンダートリムを取り付ける予定です。左右2センチまでは全幅を変えても車検は大丈夫らしいです。
    20050312205757.jpg

    フロントは、この写真の状態で7J+13です。こちらはかなり余裕をもたせています。フロントツライチにすると、ハンドルを切ることが出来ない車になりますので、非常に高度な運転技術が必要になります。ご注意下さい(笑)。現状ではトレッドを+5ミリ拡大していますので、7J+8の状態です。

    ここからが本来の目的ですが、
    今後、前後トレッド幅を変えることにより、前後バランスなどのセッティングをしていく予定です。
    車高やスタビ変えるより簡単に調整出来ますし。ちなみに、車高の調整は3速以上のGが一定にかかるコーナーで調整するもので、あまり低速コーナーで合わせてしまうと全体のバランスが崩れてしまうと思っています。
    トレッドの変更には15ミリのボルト付きスペーサーと7ミリ2枚、5ミリ6枚、3ミリ4枚と組み合わせて使っています。15ミリのスペーサーの内側に入れるスペーサーで調整します。外側に入れるのはホイールナットのかかりが減りますのでなるべく避けて、最大で5ミリ程度までにしておいた方がよいです。それと、スペーサーは使い始めで少し縮むものもあるため、ホイールナットの増し締めを頻繁に行った方がよいと思います。また、ボルト付きのスペーサーはボルトがきっちり差し込まれていないものもありますので、こちらも使い始めは増し締めを頻繁に行わないと本当に危険です。もし同じようにスペーサーを使う場合、あくまで自己責任でお願いします。決して推奨はしません。あとJAF戦などの公式ジムカーナなどではスペーサーは禁止です。一般の車検はきっちり取り付けてあれば通ると聞いたことがありますが。

    前後バランスの調整以外にトレッドの変更によりレバー比が変わりホイールバネレートの微調整が出来るのではと考えています。
    ちなみにNAロードスターレバー比はフロント1.4、リヤ1.3と言われています。そこで、ロアアームのボディ側の取付位置からショック取付位置まで測ってみたところ、フロント約24cm、リヤ約31.5cmでした。
    そこから、トレッド変更によるレバー比とホイールレートをざくっと計算すると、同じタイヤで調整するとして、現状で最大フロント7%、リヤで5%のホイールレートの調整が可能のようです。ちなみにワイドトレッド化により純正比フロント10%、リヤ6%のホイールレートが下がることとなります。
    データを書いておきますと、
    リム幅 オフセット アーム長(片) レバー比 ホイールレート ホイールレート比(対純正トレッド時)
    (ホイールレートはF12キロ、R10キロのバネ使用時)
    フロント
    純正5.5 45 336 1.40 8.57 -
      7  35 346 1.44 8.32 0.97
      7  15 361 1.50 7.98 0.93
      7  13 368 1.53 7.83 0.91
    7 8 373 1.55 7.72 0.90
    リヤ
    純正5.5 45 409.5 1.30 7.69 -
      7 35 419.5  1.33 7.51 0.98
      7 15 434.5 1.38 7.25 0.94
    8 43 411.5 1.31 7.65 1  
    8 38 416.5 1.32 7.56 0.98
    8 28 426.5 1.35 7.39 0.96
    8 23 431.5 1.37 7.30 0.95
    8 18 436.5 1.39 7.22 0.94

    素人が適当に計算したものなので、間違いなどあれば教えてください。
    しかし、こんなマニアックな事誰か読むのだろうか?
    さらにマニアックな事を書いてしまうと、
    ロール方向のバネレートはタイヤの荷重位置をもう少し考慮して、有効トレッドを計算した方が良いような感じがします。通常はタイヤの中心位置に荷重がかかるとして、上記のように計算すれば問題ないのですが、コーナーリング時アウト側のタイヤは中心ではなく外側を使っていると仮定すると有効トレッドの計算は、ホイールの外側で計算する方がよいと考えられます。本来は動的に変化しますが。これは特にリム幅が大きく、タイヤが太い場合に影響が大きいです。
    一応ざくっとホイール外側を有効トレッドとして計算すると今回の仕様で、ホイールレートが純正比フロント12%、リヤ10%下がることとなります。
    かなり適当に計算しています。
    (修正記事あり)
    [READ MORE...]
    【2005/03/12 23:34】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(1) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ

    3月の予定

    Jet’s○神号のジムカーナ・走行会の予定です。
    よろしかったらご一緒に如何ですか。

    3月20日(日)
    G6ジムカーナ中部・関西シリーズ2005第1戦ルーズドッグラウンド
    場所:キョウセイ

    3月21日(祝)
    VTEC-FREAK「ドライバーを一皮剥くぞ」練習会#3
    場所:名阪D

    3月26日(土)
    2005年おむすびグランプリ開幕戦
    場所:名阪E

    ついでに
    4月16日(土)には猛練にも行きます。猛烈に笑える記事の後です。
    申込みはこちら

    今日のブログ順位は?
    【2005/03/07 22:09】 ジムカーナ・走行会
    このページの先頭へ

    “Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005” 第1戦

    20050302211213.jpg

    2月27日(日)、舞洲スポーツアイランドで開催されたニシオガレージカップジムカーナ第1戦に行ってきました。
    今回は、なんとリヤに16インチの軽量ホイールCP-35を投入(中古だけど)。その時一緒に付いていたSタイヤ(55SーWT2の225/45-16)がまだ使えそうだったので、Sタイヤを使ってみることに。
    フロントは新品の15インチの55S-WT2を購入。Sタイヤを買うのは2年半ぶりです。
    最近のSタイヤは幅が広いと聞いていたので、同じサイズ(205/50-15)の540Sと比べてみると、
    540S-55S.jpg

    え、これって1サイズ以上太いのでは?届いたタイヤが1年以上前の製造日というのはちょっと気になりますが、とりあえず使ってみることに。

    久しぶりに使ったのSタイヤの印象は、ネオバと比較して、思っていたほど横方向のグリップと縦トラクションは違いはない、といってもかなり違いますが・・・、ブレーキングが全然違います。感覚的には半分ほどの距離で止まれる感じで、思いっきりブレーキングしてもロックしません。完全にブレーキを余らせていました。
    横方向のグリップは荷重が一定にかかっている時は非常にグリップするのですが、荷重が左右に移る時にグリップが抜ける感じです。車のセッティングによるところも大きいと思いますが。コントロール性は非常によい感じでした。
    また、今回前後異型サイズを使用しましたが、同サイズの時よりもオーバーステア気味になりました。多分原因はフロント新品、リヤ中古という状態のためだと思います。サイズよりも山の有無、新しさの方がグリップ力に影響するということかもしれません。

    ということで、午前中練習会、午後は競技会、それからクリームシチュー?余った時間はまた練習会、たまに暴言を吐くDJ?といった感じで、かなり本数が走れ、かつ競技会の緊張もあるという最高の競技会でした。講師にいつもの西尾さん、関さん、永島選手、そして、今回は全日本ジムカーナドライバーの上月選手も来られ、練習会での同乗走行もありました。

    結果は、なんとオーバーオール!!!でした。
    豪華な優勝CUPとステッカーを頂きました。ステッカーはガラス面の方がよかった気が・・・
    20050302211249.jpg

    winner.jpg

    結果はこちら
    猛烈なレポートはこちら
    西尾先生のリポートはこちら

    今日のブログ順位は?
    【2005/03/02 22:22】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS