○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    猛烈な勢いで走りこむ練習会(動画)

    猛練の動画を頂きました。
    UIさんありがとうございます。

    午前のコース 6M movie

    午後のコース 8M movie

    音量注意!

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/30 22:10】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(8) | COMMENT(5)
    このページの先頭へ

    猛烈な勢いで走りこむ練習会2

    5月28日(土)舞洲スポーツアイランドで開催された「猛烈な勢いで走りこむ練習会」通称「猛練」に行ってきました。
    今回も参加台数を20台と極力絞り、参加者のみなさんに猛烈に自由に楽しく走り込んでもらおうと企画されたものです。オフィシャルも一緒に楽しみます。
    20050529213131.jpg

    午前と午後のコース
    mrrs_050528courseup.jpg

    本コースの他、2種類のパート練習用コースを設定。
    午後の本コースは、まさに広い舞洲ならではの特徴を活かした高速設定、ただパワー競争ではなく、常に横Gがかかっているためアクセルコントロールが必要でありテクニックと車のバランスが必要なコースです。
    本コースには光電管を設置、またゴール後すぐのところにスピーカーが設置されており、自動でタイムが読み上げられるため自分のタイムがすぐに確認できるようになっています。
    また、台数が少ないため、ほとんど並ぶことなく走りたい時に思う存分、走ることが出来ます。
    各参加者のみなさんは、まさに猛烈に走りこむ方、セッティングをつめる方、タイム競争する方、自分の課題を練習する方など自由に走りこんでいました。
    天候にも恵まれ、楽しく過ごすことができたと思います。

    練習会終了後には、吹田SAで行われたロードスターのオフ会に参加。30台近くの色々なロードスターが集まりました。隣ではZが集まりミーティングが行われていたようです。また対向車線でミーティングをしていたスーパー7の方々とも合流し、雑談、食事、また雑談の後、解散です。
    なかなか個性的なロードスターを見ることができました。
    off.jpg


    次回の猛練は6月18日(土)に開催予定です。
    先着順での申し込みとなります。参加を予定されている方はお早目に。

    オフィシャルも楽しませてもらっています。
    ぐっさんVS○神 タイムバトル
    いつもマジモードです。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/29 22:23】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(71) | COMMENT(30)
    このページの先頭へ

    G6ジムカーナ中部・関西シリーズ2005 第3戦ファインアートラウンド

    5月22日(日)名阪スポーツランドCコースで行われたG6ジムカーナ中部・関西シリーズ2005 第3戦ファインアートラウンドに行ってきました。
    参加クラスはいつものFR1(ラジアル2000cc以下FR車両)クラス。
    jets.jpg

    今回、天候に非常に悩まされました。朝一は雨が降っていないものの、路面は完全ウエット。練習走行がスタートし、次第にほぼドライ路面になってきたところで、再び雨、すぐに止みましたが、本番1本目には再びウエットからです。再び序々にドライになりはじめましたが、終盤でまたしても雨。昼休みをはさみ、本番2本目のスタート。その時点ではまた路面はウエットです。再び序々にドライになりはじめましたが、後半で再び雨という状況でした。
    そのため、雨が降り始めた時点で走行していたクラスでは、勝敗に影響を及ぼしました。

    幸いにも私のFR1クラスでは途中で雨が降り出すことはありませんでしたが。路面状況は、練習走行でドライ7・ウエット3くらいのハーフウエット。1本目、ドライ5・ウエット5くらいのハーフウエット。2本目はほぼドライ。

    ゴールデンウイークでのウエットセッティングテストの結果を活かし、練習走行と1本目は前後スタビを取り外したウエットセッティング、2本目は再び前後スタビを取り付け走行。

    路面状況が変わる中、実際の勝敗は一番路面状況がよい最終の2本目のみで決まるというものでした。2本目の路面状況は他のクラスの走行に比べて、かなりよかったと思います。次のクラス(Qクラス)の後半からポツポツと雨が降り始めています。
    20050525211610.jpg

    結果は、クラス優勝。気まぐれな天候のおかげで、ラジアルクラスでもトップタイム、総合でも4位でした。
    また、FR1クラスの3位には中村(弟)S2000が入りました。

    QクラスおよびFR1クラスの車両
    FR.jpg

    Q(昭和車)クラスは86がメインですが、27レビンの西村選手も参戦。なんと4位入賞。渋すぎです。ちなみに西村選手、86のことを「新型のレビン」と言っています(笑)
    27r.jpg

    SFRクラスでは、ウエット路面の中、非常にシビアなドライビングにより某親方MR2が優勝し、表彰式で見事な土俵入りを初めて見せていただきました。

    今回、やきそばのサービスもあり、また抽選会の商品も、DVDプレーヤーやI-pod、テントなどが出品され非常に充実していました。

    またゆ~ち君からの今回の差し入れは、ココナッツプリン。毎回どうもありがとうございます。

    次回のG6はVTEC-FREAK練習会兼ニシオガレージカップと重なってしまったため、参加しない予定です。

    結果はここ

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/25 21:21】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ

    4輪アライメント

    今日、インテグラル神戸で4輪アライメントのテスターにかけてきました。
    20050521232139.jpg

    ロードスターの場合、アライメントすべて(キャンバー、キャスター、トー)を偏芯カムで調整できるのでアライメント設定の自由度が非常に高く、アンダーオーバーのセッティング、限界性能などをアライメントにより調整することが出来ます。

    もし、ロードスターにお乗りで、一度もアライメントを確認したことがなければ、、一度アライメントテスターにかけることをおすすめします。費用はかかりますが、費用対効果は非常に高いと思います。
    特にタイヤが片減りしたり、左右のハンドリングが違っていたり直進安定性が悪い車は、足を換えたり、LSDを入れたりするよりもはるかに効果的ですし、タイヤの寿命も延びますので逆に経済的かも。全く別物の車になります。

    アライメントは、車の状態や走る場所、目的などに最適な値が違いますので、そのあたりはノウハウがあるところで調整してもらうのがよいと思います。

    私の場合、アライメントが狂っていないかの確認もかねて、半年から1年に1回、アライメントテスターに載せています。定期診断のようなものです。私、他の方が非常に気にしている事でも、ほとんど気にしていない場合が多いのですが、アライメントは別です。1番重要視しているかも。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/22 00:10】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(33) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ

    ミッションオイル漏れ?

    少し前から、走行会なので走った後にジャッキアップすると、ミッション付近からPPFにかけてべっとりとオイルが付いています。
    原因を調査中なのですが、どうやらエンジンからではないような感じ。ということはミッションオイル?
    ミッションオイルってどこからか漏れるものなのだろうか?
    土曜日にでも調査してみようと思います。

    今日のブログ順位は?
    [READ MORE...]
    【2005/05/19 00:43】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
    このページの先頭へ

    サイドブレーキの強化

    ロードスターのサイドターンは、ロックしずらくかなり難しいです。特に、NA6CEの場合はブレーキローター径が小さいため、利きにくくなっています。ジムカーナではサイドブレーキが必要なところで、もし利かなければその時点で勝負とならない可能性が高いです。

    解決方法は、
    1.サイドブレーキの調整
    2.NA6CEの場合は、ローターの大型化(NA8C化)
    3.リヤパッドのメタル化
    です。
    これでほぼ利くようになりますが、これでもだめな場合は、サイドブレーキワイヤーが伸びきっている→取替、またはキャリパーの機関不良→取替またはOHが必要になります。

    1のサイドブレーキの調整は、みなさんご存知の六角レンチでの1/3回転戻しというものですが、それだけではなく、サイドブレーキを引いていない状態で、キャリパーとサイドワイヤーの連結部分にテンションがかかっていない状態(一番戻っている状態)になっているとよく利きます。キャリパーを分解すると理由が分かります。
    20050516222619.jpg

    アップ
    20050516222640.jpg

    蛇腹のゴムのところです。

    この状態にするための私がやっている調整方法は、
    ・リヤをジャッキアップ、リヤタイヤを2本とも取り外し。
    ・サイドブレーキ解除、サイドブレーキ横の調整ねじ(10ミリソケット)でサイドワイヤーを上記部分に全くテンションがかからない程度まで緩める。緩めすぎると、サイドブレーキ横の部分でサイドワイヤーが外れるので注意。
    ・キャリパー裏の14ミリボルトを外し、六角レンチで3~5回転位緩める。(左右とも、固い場合は固着している可能性がありますので自分では触らない方がいいです。)
    ・運転席でブレーキを何回も踏む。(キャリパーを押し出す。)
    ・キャリパー裏の六角レンチ調整(一番締めこんだ位置から1/3回転戻し、左右とも)、14ミリボルト取付。
    ・サイドブレーキ横の調整ボルトで引きしろ調整。好みで。私はあまり締めません。
    以上で調整は終わりです。
    私の独自の方法です。サイドブレーキの調整の際は毎回やっていますが、少しずつ戻ってきます。整備書にも書かれていないのですが・・・信じるものは救われる?間違っているかも(笑)

    2のローター大径化。NA6CEの場合はかなり有効です。ローターとキャリパーステー、上下の金具、パッドをNA8C用に取替えると、当然よく利くようになります。ローターの重量もあまり変わりません。キャリパーはそのまま使えます。NA6CEの場合、ブレーキバランスがフロントよりなので、前後バランスもよくなります。ブレーキパッドを新調するときに同時にやるとよいですね。より大径の新型NB8C用にしない理由は、パッドの種類が限定されるためです。

    3のパッドのメタル化。やはりジムカーナ用のメタルパッドはよく利きます。定番です。私は前回のG6ジムカーナからBR○GのメタルからAXISのメタルパッドに換えましたが、今まで使用した中で最強の利きです。パッド面積もかなり大きくなっています。
    まだSタイヤで試していませんが、ラジアルタイヤでは、どんな状態でもサイドを引けば確実に利きます。Sタイヤでも十分利きそうです。
    サイドブレーキが利かないリスクを考えると、ブレーキのコントロール性やバランスから考えると邪道かもしれませんが、やはりサイドブレーキは確実に利くようにして、フロントの利きを調整するのがよいと思います。それにブレーキが利きすぎる場合は、利きを落とすのは簡単にできますし。

    それと、新しいパッドを使用する場合、ローターも新品または研磨した方がよいです。ローターが悪くて、サイドが利かない事もあります。

    ちなみに私の場合、ブレーキ関係はすべてNA8C化(前後ローター、Pバルブ)していますが、ジムカーナだけを考えると、リヤのみNA8C化して、メタルパッドを使い、PバルブはNA6CEのままにしておくというのが良いかも。サーキットを走る場合はフロントも大型化した方がよいです。ただリヤによく利くメタルバッドを使用するのであれば、PバルブはNA6CE用もいいかも。
    axis.jpg

    ちなみに、私が使用しているAXISのロードスター用メタルパッド、通常のラインナップにありません。特注で作ってもらったものですが、関さんのところにまだ少し在庫があるようです。興味のある方は問い合わせてみては。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/16 23:52】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(3) | COMMENT(7)
    このページの先頭へ

    VTEC-FREAK練習会#4(動画)

    VTEC-FREAK練習会#4に参加されていたUIさんから動画を頂きました。どうもありがとうございます。

    今回トップの生田選手を乗せての同乗走行、午前の朝1本目の走行ビデオなので、かなり探りながら走っています。

    動画はここ(8M)
    *音量注意!

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/13 23:15】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(7)
    このページの先頭へ

    VTEC-FREAK 「ドライバーを一皮剥くぞ with Nishio Garage」練習会#4

    5月8日(日)に名阪スポーツランドDコースで行われたVTEC-FREAK練習会へ行ってきました。
    vtec2.jpg

    いつものように、主催の関さんをはじめ、アドバイザーとして、総監督の西尾選手、CRXの永島選手(なんと前回の全日本ジムカーナ名阪ラウンドでSA1クラス優勝!おめでとう)そして、S2000の伊藤選手にも来ていただき、参加者への同乗やアドバイザー車への同乗走行、そして今回は希望者に対してアドバイザーによる参加者の車の運転などもありました。
    VTEC.jpg

    今回のコースは、前回好評だったコース設定から、さらにフリーターンや規制パイロンを設置し、前回よりも数段難易度を上げたコース設定でした。前回同様、コーナーリングしながらのブレーキングや高速から低速への切り替え、フリーターンの進入ラインなど、非常に奥が深いコースでした。

    午前はタイムをあまり気にせず思いっきり走ってもらうため、タイム測定はしませんが、午後からは、光電管を使いタイム測定。
    そこで、毎回恒例になりつつありますが(笑)、またしてもこの練習会の常連さんで今回はNISHIO GARAGE仕様のインプレッサの生田選手にアドバイザーのタイムが抜かれ、トップタイムが出ました。 前回のこともあり、かなり気合を入れていたのですが、またしてもやられました・・・ここのアドバイザーはかなり危険です。

    みなさん同乗走行などによりどんどんタイムアップしていきますので、練習会としては成功ということにしておきましょう。

    次回の練習会は6月12日に舞洲スポーツアイランドで開催。JAF公認クローズド競技会Nishio Garage Cup VFN Super-Gシリーズ第2戦との併催です。競技会は前回同様、車の性能やチューニングの程度を考慮してすべて排気量換算してのクラス分けとなります。詳細はこちら

    VTEC-FREAKのレポート
    NISHIO GARAGEのレポート

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/10 22:49】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ

    ウエットセッティング

    5月6日、名阪スポーツランドCコースで行われた岩井保険さんの練習会へ行ってきました。
    朝からあいにくの雨、昼ごろには一時ドライ路面となりましたが、またすぐに雨が降りはじめ、午後はずっとウエット路面でした。
    久しぶりのウエット路面です。
    ということで、ウエットセッティングをいろいろと試してみることに。

    ウエットの場合、ショックの減衰力で調整することが多いと思いますが、私のショックは減衰力固定(インテグラル神戸のjet'sプロジムカーナ)ですので、スタビで調整しています。そのまま走ってしまうことも多いですが。

    コース図(上が午前、下が午後)
    meihannC.jpg

    今回も台数が少なかったため、色々とテストできました。

    結果は、リヤスタビは弱く、又は取り外した方がよいのですが、フロンスタビに関しては、スタビを弱くしなくても走り方を変えれば同じ位のタイムは出ました。フロントのスタビが強い場合は、コーナーのクリッピングポイントを過ぎるぐらいまでブレーキを残し、向きが変わってからアクセルを入れていくというドライビングです。クリッピングの手前からアクセルを入れるとプッシング・ドアンダーとなります。

    ただ、かなり運転の仕方を変えないといけないですし、今回のコース設定(加速しながらのコーナーリングが少ない)により、フロントスタビを強くしても同じ位のタイムが出たと思いますので、やはり前後とも弱く、又は取り外した方がよさそうです。

    取り外すといっても本当に取り外すわけではなく、左右どちらか一方のスタビリンクを外すことにより、スタビを効かなくします。

    ところで、ウエット路面のFR車の運転は難しいですね。ちょっと気合を入れすぎて、久しぶりにコースアウトしました。そういえば、前回コースアウトしたのは3年程前のセントラルサーキット。この時もウエットでした。

    コースアウトしないコツは、「絶対コースアウトしない」と最後までがんばること(笑)。気合が一番重要です。ただ今回もそうでしたが、コースアウトした方が安全と思ったときは素直に外に出たほうがよい場合もあります。

    それと、スタビの調整テスト中に一時ドライ路面を走ったのですが、名阪のCコースは名阪Eコースなどと比べて、かなり回頭性を上げたセッティングの方がタイムが出やすいように感じました。Rが小さく、加速しながらのコーナーが少ないからでしょう。初めて気がつきました。

    久しぶりのCコース。色々と勉強になりました。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/07 20:45】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    このページの先頭へ

    G6ジムカーナ第2戦

    5月4日(祝)、奥伊吹スキー場特設会場で行われたG6ジムカーナ中部・関西シリーズ2005第2戦プレジャー・ラウンドに参加してきました。

    クラスはFR1(ラジアルFR2000cc以下)クラスで参加。
    参加台数は定員いっぱいの140台ということで、パドックは4箇所に分かれての駐車となりました。

    いつものように久野選手のアナウンス、それと今回は森嶋選手の的確なコメントも加わり盛り上がっていました。

    2005G6PleasureCourse.jpg


    1~2速のコースです。G6のコースとしてはかなりテクニカルなコース設定であり、パワー差が出にくく、軽自動車のカプチーノ軍団(なんと8台参加)もかなりよいタイムを出していました。

    コース写真
    20050505120216.jpg


    結果は、クラス優勝できました。
    タイム的にはもう0.5秒程度は上げることが出来たはずですが、細かいミスをしてしまいました。

    FR1クラスに参加したロードスターは私の他に3台。3位には出向井さんのロードスターが入りました。久しぶりのジムカーナだったようですが、かなりうまくコントロールされていました。

    SFR(SタイヤFRクラス)クラスには、ロードスターでA氏が参戦。僅差で惜しくも2位。1本目のパイロンタッチがなければ初優勝だったのですが、残念。

    おむすびくらぶからは、SFRクラスにおむすび先生、S4WDクラスにおっくんが参加、応援でゆ~ち君も駆け付けてくれました。

    おむすび先生は取ってはいけない6位(5位まで表彰)、おっくんは5位入賞+ドリフト賞をゲット。

    今回、抽選会で大量に商品が出されており、私もERGオイル4L頂きました。ありがとうございます。今度使ってみます。

    帰る途中、おむずびのみんなで薬草温泉に入って帰りました。

    結果はこちら

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/05 12:38】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    このページの先頭へ

    ワイドトレッドの効果検証

    今月号のレブスピード(自動車雑誌)にちょっと気になる記事が載っていました。S15シルビアのホイールのオフセットのみを変えて、岡山国際(元TI)サーキットで走りをチェックするというもの。結果は、ナロートレッドのホイールの方がワイドトレッドのホイールよりも1秒ちょっと速いという。「現車でタイムを狙うならナロー」、テストしたGTドライバーのコメントも「リヤは面圧の高いナローが断然いいけど、フロントはワイドの方が優れているかも・・」とのこと。

    車もサスの形式もロードスターとは違いますが、なかなか興味のある内容です。

    いろいろと情報を集めたり、人の言う事をなるべく聞くようにしていますが、雑誌の記事も含めて、あまり人の言う事を鵜呑みにしない性格ですので、自分でテストしてみることに。これが一番はっきりします。

    ということで、5月2日に名阪Eコースで行われた岩井保険さんの練習会でテスト。台数も20台ほどだったため、結構本数も走ることが出来ました。

    コース図
    20050503001257.jpg

    上が午前のコース、下が午後のコース。
    午後のコースでテスト。2本連続走行を何度か繰り返しました。
    トレッドの変化は、雑誌の某GTドライバーコメントが気になり、リヤのみ変化させました。
    またコース慣れによるタイムアップを防止するため、ワイドトレッドの後、ナロートレッド、その後もう一度ワイドトレッドで走行。

    ワイドトレッドの写真
    この状態で7J+7(7J+35のホイールに28ミリのスペーサー)
    20050502232152.jpg


    ナロートレッドの写真
    この状態で7J+35
    20050502232208.jpg


    外したスペーサー
    20050502232215.jpg


    生データはこの通り(細かいミスもありますが、全部真剣に走っています)
    ワイドトレッド
    1本目:1’7”84
    2本目:1’7”41
    ナロートレッドに変更
    3本目:1’8”09
    4本目:1’7”61
    5本目:1’7”63
    6本目:1’7”56
    再度、ワイドトレッドへ変更
    7本目:1’6”88
    8本目:1’6”81
    9本目:1’7”11
    10本目:1’6”88

    ワイドトレッド平均タイム:1’7”11 ベスト:1’6”81
    ナロートレッド平均タイム:1’7”72 ベスト:1’7”56

    フィーリング的には、ナロートレッドの場合、コーナーの侵入でオーバーステアになりやすく、特にS字などの切り返しでリヤが振り出されてしまいます。ただ悪い面だけではなく、アクセルがかなり踏める高速コーナーでは挙動が安定し、逆にアクセルが多く踏める感じもしました。ワイドトレッドの場合は、ナロートレッドの場合の逆ですが、全体的にコーナーリングスピードが上がります。これはタイムに表れていますが。

    ここまではっきり差がつくとは思いませんでした。
    今までの方向性は間違っていなかったようです。少なくとも、私の車の状態では。(ロードスターで205/50-15のネオバ)
    自分で確認する。これが一番です。

    ただ、雑誌のようにナロートレッドの方がタイムが出る場合もある気がします。ナロートレッドの方が荷重が乗りやすくなるため、比較的軽い車で、面圧が必要な扁平率の高いタイヤや幅広タイヤの場合は、タイヤの性能を発揮しやすいかも。

    今日のブログ順位は?
    FC2 Blog Ranking
    ブログ村ランキング
    【2005/05/02 23:56】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(12) | COMMENT(8)
    このページの先頭へ

    エキマニバンテージ巻き

    エキマニにサーモバンテージを巻いてみました。
    かなり前に購入して時間があるときに巻こうと思っていたものです。エンジントルクダンバーの真下にエキマニがあり、その熱対策もかねて、今回巻いてみました。
    使用したバンテージはこれ。
    20050501183341.jpg

    サーモバンテージの効果については、賛否あるようですが、説明書には効果として次のように書かれています。
    1.吸気温度を下げてパワーアップ
    2.排気温度をキープして、排気効率をアップ
    3.油温の上昇を抑える
    4.センサーの誤動作防止に
    とのこと。

    特に吸気温度は下がりそうな気がします。フリーダムなので、巻く前後で吸気温度を確認したらよかったのですが。ただ、走った後にボンネットを開けた時の熱気が少なくなりますので、かなり効果はあると思います。吸気温度が下がれば、確実にパワーアップするはずです。

    バンテージを巻くのはこれで3度目なので、慣れたものです。コツとしては、巻く前にバンテージを水につけて置くこと。かなり巻きやすくなります。それと、付属のステンレスバンドは使わず、ステンレスのハリガネを使って、10センチおきぐらいに留めていくこと。その方が効率がよいため。
    昔はアスベストが入っていたため、手にトゲのようなものが刺さり大変でしたが、今はセラミックファイバー製であり、そのような事もなく、以前より巻きやすくなっています。

    20050501183331.jpg

    巻いた後はエンジンをかけて焼きいれ。ものすごい煙が出ます。

    デメリットとして、バンテージを巻くとエキマニが割れやすくなるとも言われていますが、本当のところは知りません。ちなみに私のロードスターでは今まで割れたことはありません。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/01 19:19】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(11) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS