○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    サスペンションアームのフルピロ化

    Jet’sのマスタースペックピロアームブッシュを入れました。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ ピロ足

    今まではAUTOEXE製のフル強化ゴムブッシュを使用。2年程前に取替ました。これはこれで良かったのですが・・・

    やはりゴムブッシュは走行中、前後左右に必要のない動きをします。
    リヤをジャッキアップしてクラッチを繋ぎ、駆動輪を回した状態でフルブレーキをするとよく分かります。特にノーマルブッシュ車。タイヤが前後にかなり動きます。
    ゴムブッシュのたわみを利用して、横Gがかかったときにトーアウトにならないようにトーコントロールするのは理解できますが、そのために色々なデメリットが出てきます。

    ゴムブッシュのデメリット
    ・ゴムのフリクションがかかる。強化ブッシュは特に。
    ・キャンバー剛性が低い
    (横Gがかかったときにキャンバーが起き上がろうとするため、最大Gの時に確実にタイヤを接地させようとすると、ゴムのつぶれ分も考慮したキャンバー設定が必要となる。キャンバー剛性の参考HP
    ・その他、外力が加わることによる前後方向の動き、トーの変化が発生
    (横力によるトー変化:コンプライアンスステア参考HP)←これを見て、ステアリングマウントブッシュも強化したくなりました。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ ピロ足3

    ピロ化により、これらが劇的に軽減されるはず。後はアーム取り付け部、又はメンバー剛性。特にリヤはさらに補強が必要になるかも。

    特に雨の日やスタートおよびサイドターンの立ち上がりが良くなりそうな気がします。今までダメダメだったところです。主にキャンバー付けすぎによるデメリット。

    ついでにステアリングのタイロットエンド、ロアアームのボール・ジョイント、アッパーアームのボールジョイントダストブーツも取り替えておきました。これで当分安心。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ ピロ足2

    ピロ化による重量の増加は全22箇所分で1キロちょっとですので、ほとんど影響ないと思います。

    インプレッション
    一般道を少し走っただけですが、一言でいうとかなりクイックに動くようになりました。ハンドルを切って曲がるまでのタイムラグがかなり少なくなった感じです。ショックを固くした時に似ていますが、また違う感じ。それと路面の状況がよく伝わり、よく分かります。
    少し走って、ピロの馴染みが出てくるとさらによくなるような気がします。
    ジムカーナなどでのインプレッションはまた後日。

    モータースポーツブログはこちらosusume

    【2005/11/27 22:00】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ

    ポテンシャルアップ

    前々からほしかったものを取り付けました。

    レポートを書こうとしましたが、カメラがうまく繋がらない??
    ので明日レポートを書きます。

    一般道を少し走っただけですが、すごくいい感じ。
    もしかしてGTウイング以上に効果があるかも。

    と、ひっぱっておこう。

    モータースポーツブログはこちらosusume


    【2005/11/26 23:31】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ

    G6ジムカーナ中部・関西フェスティバル2005

    11月20日(日)キョウセイで開催されたG6ジムカーナ中部・関西フェスティバルレポート。
    アナウンサーは、もはやG6には欠かせない久野アナ、いつものように大いに盛り上がりました。

    参加クラスは、2000CC以下FR車ラジアルタイヤのFR1クラス。総エントリー台数は182台。内、FR1クラスは18台。ロードスターが一番多く8台、S2000が4台、MR-2(NA)、MR-S、シルビア(NA)が各2台のエントリー。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ G6festival


    天気は晴、気温、路面温度ともにかなり低く、特に朝一の早いゼッケンの方はタイヤが思うようにグリップしていない様子。

    今回のデモ走行では、アジュールの川村さんのS15のほか10台程度走行。アルファーのNCロードスター、モンテカルロのNAロードスターも走行されていました。タイムは分かりませんでしたが、特にNCロードスターはかなりポテンシャルが高そうでした。

    競技会の結果は、1本目57秒7、2本目57秒4でなんとか勝たしてもらいました。2位の大西選手とは0.2秒差の僅差。その他ロードスター関係では4位に小林選手、5位かのうくん、6位堀くんが入り、入賞6台中4台がロードスターだった。

    結果はこちら

    走行ビデオはこちら 音量注意!!
    1本目(外から撮影:30M)57秒7
    2本目(車載:30M)   57秒4
    前半は2本目の方がかなり速いですが、スラローム出口のミスと180度ターンで無理やりアクセルで向きを変えたことによるロスにより、後半は1本目の方が速いようです。ちなみに、ロスしているところを見つけるには、音を消して見るとよく分かります。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ G6festival図


    心配していた足回りのセッティングは全く問題ありませんでした。やはり前回はタイヤが悪かったようです。

    競技終了後、G6フェスティバル恒例の大抽選会。今年も豪華商品、DVD-HDレコーダーや液晶テレビ、ヘルメットなどが出されました。

    私が頂いたもの。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ G6festival賞品

    なんとプレジャーレーシングさんから出品された液晶テレビ(アクオス)やK&Gレーシングさんから高級レーシングクーラントC72などを頂きました。どうもありがとうございます。

    モータースポーツブログはこちらosusume


    【2005/11/23 13:05】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    このページの先頭へ

    G6ジムカーナ中部・関西フェスティバル2005(速報)

    今帰ってきました。

    なんと、液晶テレビ アクオスGETです。その他色々頂きました。ありがとうございます。

    競技の方の結果は、なんとか勝たせて頂きました。

    レポートは後日書かせてもらいます。ビデオも撮りましたのでUPする予定。

    モータースポーツブログはこちらosusume

    【2005/11/20 22:47】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    このページの先頭へ

    マイクロロン処理と燃料フィルター交換

    オイル添加剤のマイクロロンと燃料フィルター交換を行いました。

    マイクロロン処理は大体年に1回程行っています。
    181427Km
    遅効性のはずですが、直後からものすごく調子がよくなった感じがします。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ マイクロロン

    オイルゲージから入れます。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ マイクロロン2


    こちらは燃料フィルターの交換。
    たしか6,7年前に交換したような・・・
    寒くなってきましたし、そろそろ寿命かと思い交換しました。寒いと空気密度が上がりますので、相対的に空燃比が薄くなりがちになります。
    燃料フィルターは左後のタイヤハウス近くに付いています。
    作業としては単に取り替えるだけですが、ガソリンが漏れるので作業は2人で行った方がよいです。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 燃料フィルター



    ところで、そろそろ例のものを投入しようと企んでおります。
    以前からいつか付けようと思っていたものです。
    確実にタイムアップすると思いますが・・・分かりますか?
    付けたら報告します。

    モータースポーツブログはこちらosusume

    【2005/11/19 22:30】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    G6ジムカーナ中部・関西フェスティバル2005

    明日11月20日(日)は愛知県の岡崎キョウセイで開催されるG6ジムカーナ中部・関西フェスティバル2005へ行ってきます。

    参加者は既に発表されています。
    なんと182名のエントリー。
    私のエントリーするFR1クラス(2000cc以下ラジアルタイヤ)は18名です。
    フェスティバルなので賞品も楽しみです。

    コース図
    ロードスターチューニング&ジムカーナ G6festival図

    左上の3本パイロンが少しクセモノ。ラインを距離重視でいくか速度重視でいくか悩みます。走ってみないと分かりませんが、私はギヤ比を重視して、できるだけ高いギヤでパワーバンドにのるラインを走ります。

    既に受理書も届いています。
    ゲートオープン6:30
    受付     7:00
    ・・・
    いつもの練習走行は・・・ないようです。
    まだ足回りに少し不安があるので、練習走行で確認できればと思っていたのですが・・・残念。
    少なくともアライメントはとっておこうと思ったのですが、テスターが修理中とのこと・・・狂っていないと信じることに。

    ホイールナットは今から換えておこう。

    モータースポーツブログはこちらosusume



    【2005/11/19 11:49】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(97) | COMMENT(30)
    このページの先頭へ

    ホイールナット

    ホイールナットを新調しました。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ ホイールナット

    以前は、レイズの軽量ナットを使用。2ヶ月ほど前からなんとなく締まりが悪くなっていたのですが、とうとう完全にねじ山を舐めてしまいました。5年ほど使用。
    アルミ製のナットだとボルト山よりもナット側が潰れてくれますのである意味、安心。鉄製のナットだとボルトをねじ切ることもありますので。

    WEBで探し、「MARS レーシングナット」を購入、重量は 24g/個かなり軽量です。4800円/8個。
    こちらで購入

    もっと軽量で安いものとどちらにするか悩んだのですが、造りが良さそうだったので、こちらにしました。

    モータースポーツブログはこちらosusume


    【2005/11/15 23:15】 自動車関連グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    タイヤ幅比較(SタイヤVSラジアル)

    Sタイヤとラジアルタイヤのサイズを比較してみました。

    昔のSタイヤ(BSの540S)と今のSタイヤ(BSの55S)では同じサイズでも1サイズ程、幅が広くなっています。こちら

    今回はBSのsタイヤ55SとヨコハマのラジアルAD07ネオバを比較。
    まず、タイヤサイズ205/50-15。カタログのタイヤ幅では、
    ネオバ:214ミリ
    55S:215ミリ
    でほとんど変わりませんが、並べてみると、
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 205ネオバ55S横

    ロードスターチューニング&ジムカーナ 205ネオバ55S横

    トレッド面ではこれだけ違います。やはり1サイズ程度幅が広いようです。ちなみにホイールサイズはどちらも7J-15です。

    こちらは、225/45-16。カタログのタイヤ幅では、
    ネオバ:225ミリ
    55S:228ミリ
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 225ネオバ55S縦

    ロードスターチューニング&ジムカーナ 225ネオバ55S横

    こちらもトレッド面ではかなり違います。やはり1サイズぐらい違うのだろうか。こちらもホイールは8J-16で同じ。

    Sタイヤだから幅が広いのだろうか、又は最近のタイヤは全般に幅広に設計されているのだろうか。ネオバは発売されてからかなり経っていますので。BSのラジアルタイヤのRE01Rはどうなんだろうか?ネオバよりは幅広設計のような気がしますが。

    今回、幅をチェックした理由は、ネオバでめいっぱい面一にトレッドを調整しておいて、Sタイヤにはめ替えると
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 22555S傷

    このようになりましたので。ボディと接触して傷が・・・
    ちょっとやりすぎました。Sタイヤでも問題ないようにトレッドを調整するようにします。

    重量はどうなんだろうか。今度チェックしてみます。

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/13 18:09】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ

    リヤ泥除の取外し(空力改善)

    リヤの泥除けを外してみた。空力的にタイヤの後ろには、なにもない方がよいようだし、少しでも軽量化になればと。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 泥除

    空力的によいようですが、理由は良く分かりません。正面からタイヤに空気が当たらないようにするのはなんとなく理解できるのですが、タイヤの後ろ側に何もない方がよいのは? GTなどではタイヤの後ろは大胆にカットしていますので、タイヤの後ろは何もない方がよいのだろう。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 泥除なし

    取り外したところです。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 泥除ありなし

    作業途中。左側のみ取り外し。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 泥除塗装

    再塗装していますので、取り外した後は元の色が出ています。缶スプレーで塗装。ブレーキクリーナーで油分を落とし、さっと塗装。似ていそうなスバルのバイオレットブルーマイカ(F737)を使用してみました。ちょっと紫が強かったのですが、遠くから見れば分からないレベル。気にしない事にします。
    <ロードスターチューニング&ジムカーナ 泥除なし完成

    完成です。チョロQ化がかなり進んだみたい。ちょっと微妙です。

    軽量化効果は、泥除けと取付ボルトを含めて400グラム。ほとんど軽くなっていません。

    スタイル的にどうか??また泥除を取付るかも。

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/12 20:59】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    このページの先頭へ

    タカタ走って、温泉浸かって、酒飲もうぜ!な忘年会 エントリー

    12月17日(土)RSガレージワタナベ主催のTSタカタ走行会&忘年会に参加することにしました。

    前回(その1その2)同様、盛り上がること間違いないでしょう。


    ところで、先日インテグラル神戸の安藤社長も新型のNCロードスターのサスペンションテストでTSタカタを走行したようです。かなりの好タイム。新型はポテンシャル高いかも。
    テストレポートはこちら

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/11 23:44】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ

    車高・プレロード調整

    11月3日のVTEC-FREAKの同乗走行の時の妙な挙動を改善すべく、早速、足回りのセッティングを行った。

    原因の1つはこのタイヤであることは間違いないはず
    ロードスターチューニング&ジムカーナ タイヤ

    最近のSタイヤは、昔のSタイヤのようにスリップサイン出ると極端にグリップ力が低下するというようなことはないので、溝がないことが問題ではなく、左右を入れ替えたのが問題だと思う。コース図を見て、まだ少し山のあるタイヤを左前に入替。もしかしたら、5本走ると完全にタイヤがなくなる可能性もありましたので。予定外の雨だったのでその点では問題なかったのですが、雨のためタイヤの接地面の当たりが付きにくかったためだと思う。

    タイヤだけが原因ではない気がしていたのですが、やはりタイヤかな~と思っています。昔も一度同じような事があり、何をやっても足回りのセッティングがうまくいかず、泥沼。当時履いていた溝のないタイヤを変えたら、全く問題なかった事を思い出しました。

    ついでに、車高とプレロードの調整。
    ショックのOHにより減衰力が上がった(元に戻った)ためか、OH前に比べ1センチ程車高が上がったので、車高の調整を行った。
    また、フロントのプレロードをかけた方が初期の反応がよい気がするので5ミリ程かけることにしました。

    リヤはCリング式のため、スプリングの上下に入っているスプリングシートの内、上側を外すことに。1.35ミリのためレバー比をかけて2ミリ程しか変わりませんが。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ スペーサー

    それと、前回の組み付けの時にかなりいい加減に行った1Gをかけての締め付けをきっちり行った。

    ちなみに、私の場合、サスペンションを外すときに、リヤはアッパーアームのタイヤ側、フロントはアッパーアームのボディ側(かなりトルクがかかっています)のボルトを外しますが、そのボルトの締め付けなどを1Gかかった時のフェンダーアーチ上部からホイールセンターの長さになるまでアームをジャッキで持ち上げて締め付けます。

    結局、1Gの締め付けがうまくいったためか5ミリ以上は車高が下がった感じ。
    とりあえず、これで様子を見ようと思います。

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/07 00:05】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    このページの先頭へ

    本日21時から猛申(もうもう)

    申込終了いたしました。(21時11分)
    参加されるみなさんよろしくお願いします。

    次回の予定は下記のとおりです。
    猛練6◆2006年01月14日(土)開催 受付開始2005年12月04日(日) 21時~
    猛練7◆2006年02月18日(土)開催 受付開始2006年01月04日(水) 21時~
    猛練8◆2006年03月18日(土)開催 受付開始2006年02月05日(日) 21時~




    いよいよ本日(11月6日(日))のpm9時から12月10日開催の猛練5の申込み開始です。
    台数限定(20台限定)での開催なので、今回もすぐに定員いっぱいになると思います。参加予定の方はお早めに。

    日時:12月10日(土)
    場所:舞洲スポーツアイランド特設会場
    参加台数:20台(走り放題です)
    申込み:猛練HPから。

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/06 00:18】 ○神コラム~ロードスター チューニング&ジムカーナお知らせ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    “Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005” 最終戦フェスティバル

    11月3日(祝)名阪スポーツランドCコースで開催されたVTEC-FREAK主催“Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005”最終戦フェスティバルレポート。オフィシャルで参加。

    午前中に練習走行1本、タイム計測2本の競技会。午後にアドバイザーの車への同乗走行と練習会が行われた。
    競技会におけるクラス分けは、タイヤやチューニングの程度をすべて排気量換算してクラスを分けるというもの。車のポテンシャルを均一に調整するのは難しいのですが、なかなか面白い試みです。

    天気は、朝からあいにくの雨。ただしタイム計測の1本目の走行が始まる頃には雨が止み、路面もウエットからドライへ。2本目走行開始時にはほぼドライ路面となり、実質2本目勝負となりました。

    コース図 2周走ります。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ VFNコース図


    正式結果とレポートはこちら(VFN-HP)

    ロードスター勢では、SLWクラスの上田選手が今回2位でシリーズ優勝。見事来年全4戦の費用免除というスカラシップを手に入れた。中村(妹)は5位。STCクラスの中村(兄)が久しぶりに出場し優勝、久しぶりにお兄ちゃんとしての威厳を見せつけた。しかも全クラス中3番手のタイムというすばらしい走りだった。

    午後からの同乗走行には私も走らせて頂きました。
    今回のアドバイザー
    ロードスターチューニング&ジムカーナ アドバイザー

    全日本車両がズラーっと。
    関東地区戦チャンピオンも。今週末のJAFカップの練習も兼ねて参加。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ アドバイザー2


    同乗走行は2回に分けて実施。
    同乗走行のコースはこちら、2周目は赤線のコース、外周+270度ターンとなっています。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ VFNコース図2

    1枠目の走行では、走行直前に雨が降り出し次第にウエット路面へ。
    1本目の走行では久しぶりのSタイヤの感触がつかみきれず、車の挙動もなぜかおかしい感じ。2本目かなり路面はウエットに、やはり挙動がおかしい。せっかく同乗して頂いたのに申し訳なかったです。タイムもたしか1,11.3、1.14.2と低迷。関さん(DC2)がトップで8秒台に入り、永島選手(CR-X)、鰐部選手(FD3S)、福永選手(DC5)と接戦で続き、9秒の3~4ですので、2秒以上離されています。
    挙動がおかしい原因はタイヤ?左側のフロントタイヤの溝がほとんどなかったため、今回左右を入れ替えたことが原因か、あたりが付いていないのか?ちょっとせこすぎたか(笑)または足?アライメント?タイヤであってほしいところですが・・。
    2枠目の走行
    今回も走行直前に雨が降り始め、次第にウエット路面に。しかし、今回はたまたま1番目に走行。1番路面状況がよいときに走行できました。4本走行、色々と走り方を変えてみましたが、やはり1本目の1.10.6がベストタイムでした。なんと2枠目の走行の中では同乗走行中ベストタイム、ただ単に路面のよい時に走れただけですが、ちょっとうれしい。同じウエット路面での走行では全然ダメダメでしたが。
    車の動きについては、タイヤの当たりがついてきたためか、1枠目の時よりも多少ましな挙動、大きな原因の1つはタイヤであることは間違いないのですが、それ以外にも原因があるような気が。
    プレロードや車高を調整してみようと思います。

    同乗走行時のタイム表

    モータースポーツブログランキング よかったらクリックして下さいosusume


    【2005/11/05 10:32】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(5) | COMMENT(7)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS