○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    06 | 2014/07 | 08
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    体can

    TRDから86用のドアスタビライザーが出てから、ロードスター用が出ないか気になっていましたが、ドアスタビライザーとは違いますが、kenautoから体canが発売されたので購入してみました。


    実際、今までなぜドアを剛性アップとして使うという発想が無かったのか不思議に思っていたが、調べてみると、ロードスターのサイド・ドア・ウエッジとタブテールはドアを使用した剛性アップパーツとの情報も。そういえば、他車種でこのようなものをいたことがない、さすがロードスター。
    本当は、ドアスタビライザーのようにラッチ部、ドアの高い箇所でつなぐ方が効果が高そうですが。

    サイド・ドア・ウエッジ
    サイド・ドア・ウエッジ

    タブテール
    タブテール

    体canはゴム製のサイド・ドア・ウエッジをジュラコン製のクリアランスを詰めたものに変更する事により、サイド・ドア・ウエッジとタブテールの効果をさらに高めるものと解釈しています。

    まず、純正のサイド・ドア・ウエッジとタブテールの効果を確認するため、サイド・ドア・ウエッジを外して、走行し、それからまた、純正のサイド・ドア・ウエッジを取付て走行し、効果を確認してみた。

    サイド・ドア・ウエッジを取り外し状態
    体can1

    私の車、サイドシルのスポット増し、サイドロールバーが付いているので、相当サイドの剛性が上がっているはずなのですが、純正のゴムでも明らかに効果があります。剛性が上がるため、ハンドルを切ってから車が曲がりはじめるまでのタイムラグが明らかに少なくなります。ただ、純正のサイド・ドア・ウエッジは、上下方向に相当調整しろがあるので、キッチリ付けていないと効果が半減しそうです。
    また、タブテールとのクリアランスはかなり大きそうなので、ここをなんらかの形で詰めるだけで効果はかなり上がりそうです。

    クリアランスチェック
    体can4

    続いて、体can.
    取付前にタブテールとのクリアランスチェック。
    体can2

    運転席側はちょうどよさそうですが、助手席側はちょっとキツそう。あまり削りたくなかったので、とりあえず、そのまま取り付けてみることに。

    取り付けてみると、やはり助手席側は少しキツそうですが、とりあえず、試走。
    純正よりもさらに効果が上がっている感じ。ただ、純正の有無の違いよりも違いは少ない感じですが、明らかに効果はあります。さらに軋み音も少なくなっています。

    助手席側については、タブテールの取付ボルトの出っ張りも当たっているようなので、そちらを修正することに。タブテールの取付ボルトの穴を丸ヤスリで削って、さらに紙ヤスリでボルトとのあたりを付けます。
    たぶん、このあたりの調整により、体CANの効果も違ってくるはず。

    修正前
    体can5

    丸棒ヤスリで修正
    体can6

    サンドペーパーで当たり修正
    体can7

    ボルトの出っ張りがなくなるまで修正
    体can8

    錆び止め塗装して、来週にでも取付予定です。

    つづく

    追記

    助手席側が少しキツすぎるので、ボルトの出っぱりがなくなるように修正。
    体can10

    体canとの当たり確認。マジックで塗って、当たるところを少しずつ削ることに。
    体can9

    最終、このような形に。かなり削っているように見えますが、高さ方向には1ミリ程度削った程度。
    結構シビアに調整してます。
    これでシリコンオイルを塗ると、ほぼ純正なみの開閉が出来ます。
    体can11

    これで試走してみましたが、かなりガッチリしてます。剛性がかなり上がっているようです。
    なかなか良さそうです。

    助手席側はかなりシビアに調整できましたが、運転席側はもう少し高さ方向を詰めることが出来そうなので時間があるときにクリアランスチェックと対策を行いたいところです。
    それとドアスタビライザーのようにラッチ部の対策も行いたいところ。

    それでサイドロールバーを外すことができるぐらい剛性が上がれば、軽量化にもなるので非常によいのですが、まあそこまでは無理でしょうね。
    逆に、サイドバーが付いている状態でここまで効果があるということは、サイドバーとは違った効き方をしているようです。

    【2014/07/27 22:16】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    快適化計画 その3 断熱カーフィルム

    暑さ対策として、リヤハードトップのガラスと両サイド・三角窓のガラスに断熱フィルムを貼ってもらった。
    自分で貼ることも考えましたが、ここはキッチリ仕上げないと見た目に大きな影響がありそうなので、プロにお願いすることに。

    どのフィルムが良いか少し調べてみたが、結局良くわからず。一長一短あるようです。
    結局、家から近い施工ショップにお願いし、そこで扱っているフィルムを貼ることに。

    お願いしたショップ
    カーフィルム神戸 auguri

    フィルムはニュープロテクションのプレミアムシリーズ
    両サイド・三角窓:インフレットピュア88 透明タイプ
    リヤ:IRミドルスモーク 透過率25%

    リヤはスモークか透明のものにするか迷いましたが、結局、純正プライバシーガラス並みのスモークに。

    施工後:
    さすがプロです。
    リヤはこんな感じに。
    ニュープロテクション カーフィルム 3

    ニュープロテクション カーフィルム 1

    サイド。運転中、フィルムを意識することはありません。外から見ると、少し反射率が上がった?
    ニュープロテクション カーフィルム 2

    中から後ろを見たとき。問題ない暗さです。
    写真だと分かりにくいのですが、ただ一点気になっているところが・・。
    施工したてのためか、少しぼやけてます。注意書きにも施工直後は、ぼやける場合があるとのこと。時間がたてば直るのだろうか・・
    透明タイプは全く違和感がないのでそちらの方がよかったのかも。
    ニュープロテクション カーフィルム 4

    ちなみに、透明タイプはフロントガラスにも施工可能とのこと。ただし、フロントガラスは合わせガラスのため、フィルムなしでも紫外線はカットされますので、赤外線対策のみ。

    もっと早くにやっておけばよかった。
    データを見ると、かなり暑さ対策になるはずです。

    費用:35600円


    追記
    施工後、1週間ほど乗ってみて
    暑さ対策としては、劇的ではありませんがそれなりに効果があります。
    紫外線をカットしているためか、日焼けをするようなジリジリ感がかなり減少。
    多分、内装の日焼け予防や劣化防止にも効果がありそう。私の車の場合、すでに遅いですが。
    また、日中に車を駐めている時の温度上昇もかなり低下している気がする。

    運転していて、サイドガラスの違和感は全くなし。少し反射率が上がっていますが、ほとんど気にならない程度。
    日中、オープンで走っていないので、その時の影響は分からないのですが、それで違和感がなければ、かなりオススメかと。多分問題ないのではないかと思う。

    一方、リヤのスモークフィルム。見た目の好き嫌いはありそう。私の場合、透明、スモークどちらでもよかった気がする。私の車には似合わないが、最近高級車でよく見るグリーンも似合う車は良いかも。
    後ろの視界は夜でもまあ問題なく見えます。後ろの車のヘッドライトの眩しさも緩和されていそう。
    気になっていた内側から見たときのぼやけ、かすみ、透明感?少しモヤモヤっとした感じは、多少ましになった感じがしますが、まだ残っている状態。これがなければ、欠点がほぼないのだが、残念。少し気になるが慣れの問題かも。
    2014.7.19



    【2014/07/13 17:21】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    快適化計画 その2 静音化

    カーペットの防音材がないこととローキヤードのため、高速巡航では、Podcastが聞きづらいため、少しでも静かにならないか調べてみた。

    このサイトが分かりやすい
    まず、防音対策は
    吸音材(ニードルフェルト等)、遮音材(エプトシーラー等)、制振材(レジェトレックス制振シート)があり、その組み合わせにより防音対策するいうもの。

    材料による遮音テスト吸音テストの結果も載っています。
    とりあえず、ニードルフェルトをカーペット下に部分的に入れようかと思っていたのですが、
    この結果を見て、ニードルフェルトを敷くぐらいなら段ボールで良いのではと思い、とりあえず、段ボールで
    様子をみることに。軽量かつコストゼロですし。

    入れたところは、純正でもニードルフェルトなどが入っている、トランク、シート裏、シート後ろ。

    こんな感じ。あまりに安っぽいが、カーペットを載せれば見えないので問題なし。
    トランク部
    シート後ろ 段ボール 静音化

    シート後ろ
    アッパーマウント 静音化


    それと、ネットで調べているうちに、リヤのアッパーマウント上部の防音化が効くとの情報を見つけ、ここもタオルを入れておいた。
    トランク 段ボール 静音化

    で結果ですが、体感できる効果があります。
    特にアッパーマウント上部のタオル防音は効いている気がする。変な雑音がなくなったためか乗り味が上質になったような気になる。
    試してみる価値はあるかも。

    とりあえず、このまま様子を見る事に。
    防音対策、今まで全く興味がなかったので、ネット巡回して初めて気がついたのですが、エーモンから色々な防音材料が出てますね〜、効果あるのだろうか、試してみたい気もする。

    続いて、暑さ対策。
    断熱フィルムです。こちらはプロにお任せです。
    詳しくは次回に。



    【2014/07/06 21:51】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ

    快適化計画その1(PW・SW取替)

    地道に快適化作業を進めています。

    その1
    PWスイッチのオート化

    初期型のNA6CEのみ、オート機能がありません。特段不便でもないのですが、やはりAUTO機能はあった方が便利なので取替ました。
    ただし、たぶん初期型のNA6CEのみ、PWスイッチの接続部分までのコードが長いです。
    カプラーがちょうどシフトノブの横なのでたぶん不具合があったのでしょう。
    コードを伸ばし、スイッチを取り替えました。

    PWスイッチ取替1

    PWスイッチ取替2

    PWスイッチ取替3

    PWスイッチ取替4

    PWスイッチ取替5

    やはりAUTO機能があると便利です。


    【2014/07/06 14:17】 ロードスター 修理・メンテナンス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS