FC2ブログ

○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    09 | 2020/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    猛チャレ2のコース図など

    猛練12参加者のみなさんへ。

    コース図が発表されました。
    ロードスターチューニング&ジムカーナ 061125猛チャレ2コース図R


    前回同様、パワー差が出ないコース設定となっています。前回は30秒ほどのコース設定で、アクセル全開時間は10秒程度、全開時間比率は約1/3程度でしたが、今回も同じ程度ではないかと思います。少しだけ今回の方が全開時間が長いかもしれませんが、あまり変わらないでしょう。
    このようなコースでは、コーナーの速さがタイムに一番効いてくることになりますが、車のポテンシャルとして、コーナーの速さに支配的に効いててくるのが、タイヤのグリップ力。クラス分けもほぼタイヤのグリップ力をメインに考え、後はパワーウエイトレシオとチューニング度合いを考慮して分けています。

    それでもクラス内での差はありますが、ある程度、車の戦闘力が揃っているのではないかと思います。

    今回のコースのポイントは、島まわりからの脱出でアウトに出ないこと、そのため、島周りはインベタ気味に走った方がよいと思います。
    それと島まわりから帰ってくるときの変則スラロームで早め早めでラインをとること。手前のパイロンを曲ろうとする時には、既に次のパイロンのアプローチを考えて、次のパイロンが曲がりやすいようなラインをとると良いと思います。目線を手前のパイロンではなく先のパイロンを見るようにすると、ラインがうまくとれると思います。
    ラインをうまくとって、アクセルをなるべく踏んで抜けてくる。言い換えると、特に島周りから最終の鋭角ターンまで、なるべくアクセルを抜かず走ることが出来ると思います。

    しかし、今回の勝敗の鍵はギヤ比が合うかどうかかも?

    当日はよろしく~、晴れることを祈って。


    いつもありがとうございます、プチッとお願いします。
    モータースポーツブログランキングロードスターチューニング&ジムカーナ boy
    関連記事

    【2006/11/23 16:07】 ジムカーナ・走行会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ
    <<猛練12 | BLOG TOP | 「一緒に一皮剥けよう (仮称) 」練習会の案内>>
    この記事に対するコメント
    このページの先頭へ
    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL▼
    ⇒ http://jetsmarugami.blog4.fc2.com/tb.php/224-b9fdf6e3


    このページの先頭へ
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS