○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ

ロードスターの最新チューニング、ジムカーナ・走行会情報など (Evolution of MAZDA ROADSTER, MIATA, MX-5)

PROFILE
○神
  • ○神
  • ご意見、質問、ご要望、苦情等ありましたらお気軽に連絡して下さい。
    リンクはフリーです。


  • みんから版 ○神コラム


SEARCH


Yahoo!ブックマークに登録

  • RSS配信新着情報
  • RECENT ENTRIES
    CATEGORY
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    このページの先頭へ

    サイドブレーキの強化

    ロードスターのサイドターンは、ロックしずらくかなり難しいです。特に、NA6CEの場合はブレーキローター径が小さいため、利きにくくなっています。ジムカーナではサイドブレーキが必要なところで、もし利かなければその時点で勝負とならない可能性が高いです。

    解決方法は、
    1.サイドブレーキの調整
    2.NA6CEの場合は、ローターの大型化(NA8C化)
    3.リヤパッドのメタル化
    です。
    これでほぼ利くようになりますが、これでもだめな場合は、サイドブレーキワイヤーが伸びきっている→取替、またはキャリパーの機関不良→取替またはOHが必要になります。

    1のサイドブレーキの調整は、みなさんご存知の六角レンチでの1/3回転戻しというものですが、それだけではなく、サイドブレーキを引いていない状態で、キャリパーとサイドワイヤーの連結部分にテンションがかかっていない状態(一番戻っている状態)になっているとよく利きます。キャリパーを分解すると理由が分かります。
    20050516222619.jpg

    アップ
    20050516222640.jpg

    蛇腹のゴムのところです。

    この状態にするための私がやっている調整方法は、
    ・リヤをジャッキアップ、リヤタイヤを2本とも取り外し。
    ・サイドブレーキ解除、サイドブレーキ横の調整ねじ(10ミリソケット)でサイドワイヤーを上記部分に全くテンションがかからない程度まで緩める。緩めすぎると、サイドブレーキ横の部分でサイドワイヤーが外れるので注意。
    ・キャリパー裏の14ミリボルトを外し、六角レンチで3~5回転位緩める。(左右とも、固い場合は固着している可能性がありますので自分では触らない方がいいです。)
    ・運転席でブレーキを何回も踏む。(キャリパーを押し出す。)
    ・キャリパー裏の六角レンチ調整(一番締めこんだ位置から1/3回転戻し、左右とも)、14ミリボルト取付。
    ・サイドブレーキ横の調整ボルトで引きしろ調整。好みで。私はあまり締めません。
    以上で調整は終わりです。
    私の独自の方法です。サイドブレーキの調整の際は毎回やっていますが、少しずつ戻ってきます。整備書にも書かれていないのですが・・・信じるものは救われる?間違っているかも(笑)

    2のローター大径化。NA6CEの場合はかなり有効です。ローターとキャリパーステー、上下の金具、パッドをNA8C用に取替えると、当然よく利くようになります。ローターの重量もあまり変わりません。キャリパーはそのまま使えます。NA6CEの場合、ブレーキバランスがフロントよりなので、前後バランスもよくなります。ブレーキパッドを新調するときに同時にやるとよいですね。より大径の新型NB8C用にしない理由は、パッドの種類が限定されるためです。

    3のパッドのメタル化。やはりジムカーナ用のメタルパッドはよく利きます。定番です。私は前回のG6ジムカーナからBR○GのメタルからAXISのメタルパッドに換えましたが、今まで使用した中で最強の利きです。パッド面積もかなり大きくなっています。
    まだSタイヤで試していませんが、ラジアルタイヤでは、どんな状態でもサイドを引けば確実に利きます。Sタイヤでも十分利きそうです。
    サイドブレーキが利かないリスクを考えると、ブレーキのコントロール性やバランスから考えると邪道かもしれませんが、やはりサイドブレーキは確実に利くようにして、フロントの利きを調整するのがよいと思います。それにブレーキが利きすぎる場合は、利きを落とすのは簡単にできますし。

    それと、新しいパッドを使用する場合、ローターも新品または研磨した方がよいです。ローターが悪くて、サイドが利かない事もあります。

    ちなみに私の場合、ブレーキ関係はすべてNA8C化(前後ローター、Pバルブ)していますが、ジムカーナだけを考えると、リヤのみNA8C化して、メタルパッドを使い、PバルブはNA6CEのままにしておくというのが良いかも。サーキットを走る場合はフロントも大型化した方がよいです。ただリヤによく利くメタルバッドを使用するのであれば、PバルブはNA6CE用もいいかも。
    axis.jpg

    ちなみに、私が使用しているAXISのロードスター用メタルパッド、通常のラインナップにありません。特注で作ってもらったものですが、関さんのところにまだ少し在庫があるようです。興味のある方は問い合わせてみては。

    今日のブログ順位は?
    【2005/05/16 23:52】 ロードスター チューニング | TRACKBACK(3) | COMMENT(7)
    このページの先頭へ
    <<ミッションオイル漏れ? | BLOG TOP | VTEC-FREAK練習会#4(動画)>>
    この記事に対するコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2005/08/15 20:02】 | # [ 編集 ]
    ご質問
    管理人先へご質問いただいた方へ
    返信先が不明です。
    再度、メールなどでご連絡いただければと思います。
    【2005/08/30 23:00】 URL | ○神 #sSHoJftA [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2005/12/29 21:05】 | # [ 編集 ]
    なるほど、参考になりました。ありがとうございます。
    【2005/12/30 07:18】 URL | ○神 #sSHoJftA [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2007/11/22 09:40】 | # [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2007/12/22 11:07】 | # [ 編集 ]
    はじめまして。
    こちらの記事に、サイドブレーキ調整後、少しずつ戻ります。
    整備書にも、書いてありませんが・・・
    とありましたが、当方のNA8Cもサイドブレーキ調整後、数か月経過すると効かなくなってきます。また少しハードに走行しブレーキを多用した後も、同様に効きが悪くなります。
    原因・対処方などアドバイスがありましたら、宜しくお願い致します。

    【2014/05/21 19:26】 URL | ほり #- [ 編集 ]
    このページの先頭へ
    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL▼
    ⇒ http://jetsmarugami.blog4.fc2.com/tb.php/32-fb908c17


    久しぶりに車のメンテナンスをしました。ジムカーナ用のリヤブレーキへ変更、ローターも交換がメイン作業。その他、色々とチェックしていると、出てきますね~悪いところが。もうすぐ18年目に入りますので色々
    ○神コラム ~ ロードスター チューニング&ジムカーナ【2006/06/20 22:50】
    -
    管理人の承認後に表示されます
    【2008/03/18 08:22】
    -
    管理人の承認後に表示されます
    【2008/03/18 14:24】
    このページの先頭へ
    クルマ関連おすすめリンク
    LINKS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。